アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは、5千年の歴史を持つインド伝統医学。
Ayurveda はサンスクリット語です。Ayus(生命、寿命)、Veda(知識、科学)という言葉からなり、“生命の科学”または、“生きる為の智慧”ともよばれています。
その言葉どおり、アーユルヴェーダは、単に病気を治すための医学ではなく、若返り法や1日の過ごし方まで、健康な人をより健康にするための方法など数多くの方法が残され現在でも実践されています。
その言葉どおりアーユルヴェーダは、病気の治療から若返りの方法まで 以下の8部門に分けられます。

  • 1.内科学
  • 2.外科学
  • 3.耳鼻咽喉科学(胸から上)
  • 4.産婦人科学
  • 5.毒物科学
  • 6.鬼神科学(目に見えないもの、原因の追究できない病気など)
  • 7.強精科学
  • 8.強壮法科学(若返り)

アーユルヴェーダでは、病気治療などは、アーユルヴェーダ医師のもとで行われます。
まず、アーユルヴェーダ医師による診察で脈診・視診・問診などが行われ、その人に必要な施術(マッサージなど各種療法)や期間が決められます。施術を行うのは、看護師や専門の技術者です。
1977年にWHO(世界保健機構)が、21世紀に向けての健康増進策として、アーユルヴェーダや中国医学などの伝統医学を見直したことで、ドイツ、フランス、イギリスなどのヨーロッパ諸国やアメリカ、オーストラリアなどでも取り入れられ、盛んに行われるようになりました。

アーユルヴェーダ体質理論

アーユルヴェーダには、独自の体系だった理論があります。
それによると、地球上のすべてのものは5つの要素(空・風・火・水・土)から出来ていると考えられています。
つまり、人間の体を動かして(機能させて)いるのもこの5つの要素ですが、人では、よび方が異なり、トリ・ドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)として表現されます。

  • ・空と風のエネルギーをヴァータ
  • ・火と水のエネルギーをピッタ
  • ・水と土のエネルギーをカパ

身体の中にはこの3つのエネルギーが働いているということです。
言い換えると、この3つのエネルギーが身体を動かしている(機能させている)ということです。

アーユルヴェーダ体質理論

この3つのエネルギーは、常に変化します。
このドーシャ(エネルギー)のバランスは、人によって違います。
生まれながらに持つこのドーシャのバランスで、その方の身体的・精神的特徴(体質)が決まります。

プラクリティ(体質)の種類

プラクリティ(体質)とは、身体の中にあるこの3つのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)の割合で決まります。つまりどのドーシャを多く持っているかによって、その人の身体的・精神的特徴などが決まります。
逆に言えば、その人の身体的・精神的特徴から、どのドーシャを多く持っているのか(どの体質か)を判断できるのです。

<体質>

  • 1.ヴァータ体質 (風体質)
  • 2.ピッタ体質 (火体質)
  • 3.カパ体質 (水体質)
  • 4.ヴァータ・ピッタ体質 (ピッタ・ヴァータ体質)
  • 5.ピッタ・カパ体質 (カパ・ピッタ体質)
  • 6.ヴァータ・カパ体質 (カパ・ヴァータ体質)
  • 7.ヴァータ・ピッタ・カパ体質
体質

ヴァータのエネルギーが多い人(ヴァータ体質)の特徴

痩せ型、背は高いまたは低い、乾燥肌、乾燥した髪、便秘がち、眠りが浅い、想像力豊か、流行に敏感、
おしゃべり好き

ピッタのエネルギーが多い人(ピッタ体質)の特徴

中肉中背、スタイルが良い、やわらかな皮膚、細い髪、若白髪、下痢しがち、よく眠れる、理論的な思考、
情熱的、リーダーシップをとる

カパのエネルギーが多い人(カパ体質)の特徴

骨太、ふっくらとした体つき、しっとりとした肌、しっとり艶やかな肌、快便、眠るのが好き、寛大、穏やか、
献身的、ゆったりとした口調

エネルギー(ドーシャ)のバランスが崩れると…

体の中をかけめぐっているエネルギーは、様々な要因で流れが悪くなります。
それによってそのエネルギーが蓄積し、様々な症状をおこします。

  • ■ヴァータのエネルギーが悪化すると…
    冷え、皮膚や髪の乾燥、便秘、肩こり、腰痛、不安、不眠、疲労感、落ち着きがない、
    気分が変わりやすい、など
  • ■ピッタのエネルギーが悪化すると…
    汗かき、のぼせ、皮膚の炎症(湿疹・ニキビ)、胸焼け、下痢、イライラ、怒りっぽい、批判的、など
  • ■カパのエネルギーが悪化すると…
    冷え、肥満、むくみ、肌のくすみ、鼻〜気管支の症状(鼻水・鼻づまり、咳・たん など)、だるさ、眠気、
    思考が鈍る、など

以上の症状をそのまま放っておくと悪化したエネルギーがさらに滞り、いずれ病気になると考えられています。これらの症状をおこさないためにもこれらのエネルギーが良い状態で保たれていることが大切です。

エネルギー(ドーシャ)がバランスを崩す原因

ドーシャの増える理由

  • ・一日の中で(時間の変化)
  • ・一年の中で(季節の変化)
  • ・一生の中で(年齢による変化)
  • ・生活の中で(住む場所、仕事や家庭のストレスや食生活による変化
    それぞれの影響により変化します。

☆時間による影響
カパの時間:
6時〜10時 消化は弱い。起床はだるい。(食事は軽めに!)
18時〜22時 エネルギー低下。早く簡単に就寝できる。(遅い時間の食事は寝つきを悪くする)
ピッタの時間:
10時〜14時 代謝活発。消化力抜群。(充実した食事を取る)
22時〜 2時  新陳代謝が活発。
ヴァータの時間:
14時〜18時  活動の時間。消化力は鈍る。疲れが出やすい。
2時〜 6時  瞑想の時間。この時間の起床は、穏やかさと調和のエネルギーが体を満たす。

☆季節の影響

  ヴァータ ピッタ カパ
3月 鎮静 鎮静 症状
4月 鎮静 鎮静 症状
5月 鎮静 症状
6月 ↑梅雨 鎮静
7月 ↑/鎮静 鎮静
8月 ↑/鎮静 鎮静
9月 ↑台風 症状 鎮静
10月 症状 鎮静
11月 症状 鎮静
12月 症状 鎮静
1月 症状 鎮静
2月 症状 鎮静

☆年齢の影響
例)カパ:若年期(0歳〜20歳)ピッタ:壮年期(20〜50歳)ヴァータ:老年期(50歳以上)
※但し、これはあくまでも仮定であり、きっちりこのように決められるものではありません。

☆生活の影響
食事、仕事、睡眠、住環境など様々な影響を受ける

どうしたら改善できるの?

  • ・ドーシャのバランスを図る・・・・アーユルヴェーダマッサージ
  • ・増えたドーシャを減らす・・・・・アーユルヴェーダトリートメント(発汗法)
  • ・自分の体質を知り、体質にあった食事、ライフスタイルを過ごす。

ヴァータのエネルギーを整える生活

ヴァータ体質の人はヴァータのエネルギーを崩しやすいため、特に心がけましょう。
また、ヴァータのエネルギーが悪化した症状のある人は以下の生活を心がけましょう。

  • ・規則的な生活をおくる
  • ・休息時間を充分にとる
  • ・出来る限り毎日入浴し(シャワーだけで済まさずに)、体を温める
  • ・温かい飲み物や食事をとる 消化の良いもの、甘味、酸味、塩味のものが良い
  • ・積極的にリラックスする時間をつくる
  • ・アルコール、コーヒー、タバコなどの刺激物は控える

カパのエネルギーを整える生活

カパ体質の人はカパのエネルギーを崩しやすいため、特に心がけましょう。
また、カパのエネルギーが悪化した症状のある人は以下の生活を心がけましょう。

  • ・早起きを心がけ、日中は活動的に動く
  • ・朝の散歩や軽い運動がオススメ
  • ・出来る限り毎日入浴し(シャワーだけで済まさずに)、体を温める
  • ・食べ過ぎは禁物 特に夕食は軽く済ませる
  • ・温かくスパイスの効いた食事が良い 繊維質、辛味、苦味、渋味のものが良い

アーユルヴェーダ・マッサージとは

アーユルヴェーダ治療の特徴は、よくオイルを使用することです。
アーユルヴェーダのマッサージは世界中のあらゆる種類のマッサージの根源であり、非常に特徴的なマッサージです。
マッサージは、治療の為にも、健康増進のためにも行われます。
アーユルヴェーダマッサージといえば、たくさんのオイルを使い、2人以上の複数人でマッサージを行う、アビャンガが有名です。(アビャンガとは、『油を塗る』という意味)オイルの効果をガルシャナ(こする=軽擦法)により患者の体に浸透させ、過剰になったエネルギーを1箇所に集め、その後、発汗法やパンチャカルマ(排泄法)により体の外に排泄させます。
他にも、ヴィマルダナ(揉んだり、叩いたり)などリラクゼーションを目的とした手技もあります。
アーユルヴェーダでは、体を動かす3つのエネルギー(ヴァータ、ピッタ、カパ)が体のあらゆる部分で活動しており、それらのエネルギーが乱れると、自分の主座(エネルギーの部屋?‘主座’の説明が必要かも)で病気が起こるとされています。

ヴァータ: 神経組織、循環器、脳、肺、胃 (主座は、大腸)
ピッタ: 肝臓、心臓、目、皮膚    (主座は、小腸)
カ パ: 胃、口、頭、関節      (主座は、 胸)
※ 例)ヴァータのエネルギーが過剰になると、大腸に影響が現れガスが溜まったり、便秘などの症状が現れます。

アーユルヴェーダの発祥の地であるインドやスリランカでは、西洋医学とは別に、アーユルヴェーダ病院でアーユルヴェーダドクターによる病気の治療が行われていたり、民間療法として、コミュニケーションや、皮膚の抵抗力を高める目的で、赤ちゃんの頃から家庭の中でもマッサージが行われています。

アーユルヴェーダマッサージは、血液やリンパの流れを促すだけでなく、全身に流れるエネルギー(気)の流れを良くするマッサージです。単なる「癒し」や「痛みの緩和」だけでなく、健康な体を維持させているのです。

  • Ayurvedic Herbs Home
  • Ayurvedic Herbs 取扱い商品
  • Ayurvedic Herbs 研修
  • アーユルヴェーダとは
  • Ayurvedic Herbs 会社案内
  • Ayurvedic Herbs サロン情報

お問い合せ先

商品のお取扱いに関する
お問合せ

ウインセンス株式会社

平日:10:00〜18:00

TEL 03-3556-5085

touroku@ayurherbs-ws.comtouroku@ayurherbs-ws.com